革について

HOME

革の個性

人間と同じように、動物の皮も一枚一枚異なり、個性があります。
丁寧な鞣し加工を施しても、この個体差は避けられません。株式会社新二幸は、タンナーから仕入れた革をもう一度検品し、高品質のものを選別していきます。この特徴的な模様も、天然皮革の良さと言えます。

トラ

「トラ」とは表面にスジのように入っているシワを指します。首のまわりから肩にかけてのショルダーと呼ばれる部分や、腹の周りなど、生きている時からシワの寄りやすい部分の革に見られます。
この「トラ」は天然の革にしか見れませんので、革の個性として親しまれています。

血スジ

「血スジ」とは牛の血管の痕がイナズマのように枝分かれしているスジ模様です。
これは皮膚のすぐ下にあった血管の痕で、皮膚の薄い部分や血管が浮きでている部分を使った皮革では出やすい傾向に見られます。

バラ傷

天然の皮革には傷はつきものです。喧嘩や虫刺され、怪我などが痕になって現れます。放牧されている動物はもともと傷つきやすい環境にいるため、傷のある革が悪い革と一概に言えません。
天然だから見られるこの「バラ傷」を個性として楽しまれている方も多いです。

色ムラ

皮革は同じ1枚の革でも、部位によって繊維の密度や厚さが違うため、同じように染まらず染めムラ・色ムラができます。
2つとして同じものはできません。この特別感が天然の皮革の良さです。

革の鞣し方

クロムなめし

クロム化合成を使用して鞣す方法です。タンニンに較べて、低コスト・短時間で鞣すことができ、伸縮性・柔軟性・発色性・耐熱性が良く使いやすくなります。

タンニンなめし

草木に含まれるタンニン(渋)を使用し、紀元前から続いている鞣し方で鞣します。時間や手間がかかり、コストも高くなります。発色しやすく、染色しやすいのが特徴です。
使用すれば使用するほど使用感がでるので、経年変化が楽しめます。

混合なめし

クロムなめしとタンニンなめしを組み合わせた鞣し方です。二つの鞣し方の特徴を活かして行い、適度な柔軟性と、伸縮性があるのが特徴となります。

皮革の種類

ヌメ革

植物の渋にも含まれる成分のタンニンを使用して、牛の原皮を鞣し表面加工などをほとんど施さずに仕上げた革。なめらかな手触りや素朴な匂いなどが特徴としてあげられる。

ベロア

起毛した毛足の長い牛革を使用したもの。サウンドペーパーやヤスリで起毛させて作る。比較的安価で使用できる起毛革として高い人気を持つ。

オイルレザー

革を鞣す時にオイルを染み込ませ、よりしなやかにし耐久性を向上させたもの。鞄や登山靴などに使用されることが多い。

シュリンクレザー

革を鞣す時に特殊な薬品を使用し、皮の表面を縮める加工をしたもの。革製品の傷やシワが目立ちにくくなる特徴がある。

スエード(スウェード)

主に仔牛や山羊などの裏面をサウンドペーパーなどで起毛させたものを指します。薄いもので、裏張りをして使用することも多く、起毛革として流通量も多い。

株式会社新二幸

〒111-0025
東京都台東区東浅草2-4-1 末崎本社ビル

TEL:03-3876-0251 
[営業時間]
9:00〜17:00(新型コロナウィルスの関係で現在時間などは短縮)
[定休日]
土日、祝日

お問い合わせ